イチナリのロックンロール

書きたいこと書きます!

Who am i ?~私は誰?~

私は、誰なのか?

自分でも時々分からない。

作り笑いをしているのが自分の姿?

一所懸命仕事をしているのが自分の姿?

好きなことを考え行動しているのが自分の姿?

それとも、好きな人や友達と一緒にいるが自分の姿?

 

一体どれが本当の自分なの?自分は、誰なの?

最近よく、こんなことを考えながら生活している。

きっとブログを書くのも本来の自分の姿じゃないかもしれないし、携帯・パソコンを弄っているのも本当の自分じゃないかもしれない。

私自身、自分の本当の姿が分からない。

人に聞いたところで、私自身が誰なのかを答えられないだろう。

私自身、人と接する時に色々な仮面を被っている。

作り笑いをする仮面

愛想が良い仮面

仕事をしている風に見せる仮面

興味ないのに興味があるように見せる仮面

数えだしら、キリがないほどの仮面を被って、自分という名の姿を創り出してきた。

要は、虚像だ。

私自身に、嘘に嘘を重ねて、一人の人間としてようやく人格が形成されている。

 

ようは、あれだ、ゲームのRPGの初期設定の人間に冒険をして、手に入れたアイテムをカスタムしていくような感覚だ。

例えば、魔物を倒すには、武器が必要だし、自分のダメージを減らす為に、防具をつける。

そうやって、アイテムを身につけることによって、主人公は、パワーアップしていく。

パワーアップし、敵を倒し、成長する。

RPGは、その繰り返しだ。

成長とは、アイテムを手に入れることかもしれないし、自分自身のレベルが上がることかもしれない。

ゲームは、敵を倒す場面では、作戦を考えたり、状況に応じてアイテムを使い分けたりしないと、勝てないようになっている。

考えることによって、強敵を倒せる。

それを繰り返すことによって、エンディングを迎える。

最終的には、唯一無二のステータスになっている。

 

話がだいぶ逸れたが、人生は、長い長いRPGだと言えるだろう。

自分自身、様々な仮面といったアイテムを身につけ、人間といった自分以外の敵と対峙してる。

その人間(敵)に応じて、対応を変え、相手を攻略する。

攻略した相手が、友達になったり、良き理解者となってくれる。

まず、攻略しないと、友達にも理解者にもなってくれない。

 

私自身、人間を攻略しようとしすぎて、アイテムをつけすぎた。

今は、どれが本来元々のアイテムか、取得したアイテムか分からない。

 

そもそもRPGにエンディングはあるけど、

人生という名のゲームにエンディングはあるの?

エンディングって何?

死んだ時に、何が達成されているの?

死のことが人生の最大の目的?

 

おかげで、私自身の本当の姿が分からない。

こう悩んでいるのも本来の自分じゃないかもしれない。

 

一体、私は、誰なんだ?

人生のエンディングは、何なのか?

 

それを探すために私は、探究心の仮面を被り続ける。

一生人生は、虚像の自分で生きていかなきゃいけないのか。

 

 

 

プロフィール
id:itinari20
イチナリ

自由に書きたいことを書きます

イチナリのロックンロールをフォローする